運送システムの業務ってどんなもの?

物流業界は現在、多くの問題を抱えています。
コロナ禍による通販利用が進み、小口配送が増加したことと、それに伴う物流の複雑化、また即日配送が行えるようになったことにより配送のスピード化などが求められています。
これらを解決するための運送システムが現在求められていますが、実際にはどのように解決していけばよいのかを挙げていきます。
物流業界にお勤めの方で、同じ悩みを抱えている方も多いはずです。
ぜひご参考にされてはいかがでしょうか。

運送システムが抱える問題点と技術的な対応策

運送システムが抱える問題点と技術的な対応策 現在の運送システムの問題点は配送のスピード化と小口配送の急増を挙げていますが、実はもう一つ大きな問題点を抱えています。
それが従業員不足と、従業員の労働環境の悪化です。
気軽に通販が利用できるようになり、それに伴って配送が遅い・早いもネット上で簡単に目につくようになりました。
ですが運送業は運び手が必要な業務です。
行っているのは人のため、商品が手元に届くのが早いということは働いている方の努力あってこそです。
この労働環境を運送システムで見直すためにも、政府はデジタルトランスフォーメーションを進めています。
簡単に言えばデータとデジタル技術を生かして業務そのものや環境を向上させる仕組みづくりです。
倉庫システムを見直すことにより、これまで倉庫内で人が運んでいたものをロボットで運搬すると言ったものに切り替わりつつあります。

技術力が活かされた運送システムの選び方とは

技術力が活かされた運送システムの選び方とは ネット通販が拡充されるに従って、運送システムが重要となってきています。
受注情報や運行情報、経費情報など運送に関係する様々な情報を入力することで、分析して管理することができるようになるシステムです。
運送システムには、技術力が活かされた様々なシステムがあります。
運送会社が導入を検討している場合には、会社の特徴にあったシステムを選んでいくことが必要です。
選ぶポイントとなるのが、どの業種に向けてどんなシステムを提供しているのかをチェックします。
運送システムを提供しているベンダーごとに得意分野や技術力が大きく違ってきます。
自社との相性の良いところを選ぶことで、問題を解決することにつながります。
また、管理画面の操作がしやすいかも重要です。
マウス操作のみで設定などを変更できるか、情報を入力したら分析を行ってくれるかをチェックして選びます。
操作性が高いかどうかによって業務の効率は違ってきます。
システムはクラウド型とオンプレミス型の2種類に分けられます。
クラウド型はサーバーなどの機器の設置が必要で、システムをベンダーに運用業務を一任することができます。
オンプレミス型はサーバーなどを設置する必要がありますが、自社に合わせたカスタマイズが可能です。

専任者が運送システムを効率的に運用するには

運送会社において専任者が運送システムを効率的に運用するためには、車両の現在位置やドライバーの勤務状況を正確に把握しなければなりません。インターネットが普及して多くの人々が通販サイトやオークションサイトを利用するようになり、物流に対する需要も増加しています。事故を回避して効率的に事業を運営するには現場を支えるドライバーの負担を軽減しなければなりません。近年では多くの運送会社がクラウド型のデジタルタコグラフを導入するようになりました。デジタルタコグラフは事業用トラックが走行中に速度と時間、距離を記録するための装置です。クラウド型はSIMカードを内蔵していて、常に通信を行いオンライン上にデータを記録します。このタイプのデジタルタコグラフを導入すると、運送システムの専任者は車両の現在位置が分かります。車両の現在位置やドライバーの勤務状況を確認した上で、状況に応じて適切な指示を出すことができます。ドライバーの負担を減らして運送システムを効率的に運用するために、多くの運送会社でクラウド型のデジタルタコグラフが活躍しています。

運送システムと他のシステムとの連携について

運送システムは他のシステムとの連携を行うことも可能です。というか、他のシステムで得られるデータや情報があるのであれば、可能な限りはそこから自動的に取り込むことが理想的になります。そうでないと同じデータを運送システムとその他とで二重入力したり管理したりしなければならなくなり、これは効率が良いとは言えません。運輸とか物流に関係する企業で考えられるものに、デジタルタコグラフの情報が挙げられます。これはトラックに装着してその車両の運行情報を自動で取得するものですが、これはまさにデータの宝庫であると分かるはずであり、活用しない手はありません。ただ、活用と言っても手作業で行うようなことは考えるべきではないでしょう。時間も手間もかかりますし、間違いとか漏れの可能性もあります。そんなことに人件費をかけているようでは何のためのシステム導入か分かりません。データフォーマットを統一し、自動的に連携することが望まれます。

運送システムを導入する場合のポイントについて

運送システムを導入しようと考えているのは運輸を仕事にしている会社のはずですが、どんなケースであっても運送システムを導入しさえすれば業務の効率化が図れるかというとそうでもありませんので、ポイントに注意が必要です。運送管理システムで扱うデータが自社の業務に一致しているかどうか、無駄な仕事をかえって増やすことにならないかに気を付けなければなりませんし、逆に自分たちにとって必要なデータが入力でき、欲しい分析を行うことができないと導入しても意味がないということになってしまいます。このように業務フローに合わせたカスタマイズができることが重要ですが、この点もまた留意すべきことの一つで、あまりにもカスタマイズ性が高いということはそのままでは使いにくいというか、少なくともきちんと設定しなければ使えないということにもなってしまうからです。このあたりをしっかり見極めてコストパフォーマンスの良い製品を選ぶ必要があります。

パソコンで使える運送システムはドライバーの事故予防も行えます

運送業を営んでいる会社の場合、仕事の効率化を重要視することを行っていますが、便利なツールはありパソコンとネット環境さえあればクラウド型で利用できる運送システムの導入は推奨できます。大まかな機能性はどのドライバーが何を積載してどこまで運送をしているのかをリアルタイムで確認できることや、勤怠管理も同時に行うことができる機能性も持たせたシステムも人気です。特に運送業で長距離輸送を行っている会社であれば、ドライバーに対する管理は非常に重要とされており、連続運転の時間の制限や法令通りの休憩、休暇を与えていない場合は過労によって事故を起こしてしまう可能性があります。そこで運送システムを導入することで、常にドライバーを適切に仕事をさせることを可能にできるので、事故予防の観点からも役立ちます。更に運送システムの中にはGPSを導入する方法もあり、この機能は速度超過などの問題を回避できる他、不自然な運転を行っているドライバーに対してリアルタイムで連絡を取ることができることも魅力ではないでしょうか。

運送システムでは人件費を管理することもできる

運送システムというと主にトラックなどでの物流を管理するためのものですが、人件費もしっかりと管理することができます。というか運送システムとは、物流会社にとって必要な情報やデータの全てを一元的に管理できる仕組みと言っても良いですから、そこには当然ながら社員にかかる費用のことも含まれるわけです。単純に言えば、例えばどのドライバーが何時間乗務したかなどを把握することも容易にできます。所定労働時間を超えて働いたのか、時間外労働は何時間なのかを確認することができますし、ちょっと別の見方をすればそのドライバーがいくら売上げたかも分かります。仕事を自分自身では選べない社員が普通ではありますが、やはり多くの受注業務中には単価の高い仕事もあれば、空荷のトラックをただ単に回送してくるだけの仕事もあることは否定できません。そういった点も一目で分かるようになりますので、人件費についても簡単に把握できるようになるわけです。

●運送システムについてもっと知りたい方におすすめ●

運送システム

新着情報

◎2022/1/31

情報を更新しました。
>専任者が運送システムを効率的に運用するには
>運送システムと他のシステムとの連携について
>運送システムを導入する場合のポイントについて
>パソコンで使える運送システムはドライバーの事故予防も行えます
>運送システムでは人件費を管理することもできる

◎2021/11/1

重労働を改善することができる
の情報を更新しました。

◎2021/8/30

運送システムの導入で人手不足が改善
の情報を更新しました。

◎2021/8/11

サイト公開しました